チリワイン すげー美味しいミドルクラスの赤ワイン!
ペレス クルス社

カベルネ・ソーヴィニオン・レセルバ 2200円

(フルボディ)生産者 ペレスクルス DOバレドマイポ
ブドウ品種 カベルネソービニオン(91,4%)メルロー(4,7%)カルムネール(2,8%)コット(1,1%)

ブドウはすべて手摘みで収穫され、収穫量は50HL/HAです。ステンレススチールのタンクで発酵の後、新樽と2〜3年樽(アメリカンオーク65%、フレンチオーク35%)に分けて熟成されています。深いルビーレッドで、熟れたレッドベリーとスパイスの香りがあり、その香りはワイン自体が感じさせてくれるドライフルーツやバニラの風味をより一層引き立てています。大変良く構成されたワインです。力強いタンニンがありますが、後口はスムーズです。

マニアックレポートさらに詳しくご説明!

ペレス クルスは、異業種で成功を収めたオーナーの(こだわりを持ったワイン造りをしたい)
という考えから創業され、2002年ヴィンテージが初リリースとなります。初リリースでいきなり数々の品評会で入選、もうすでに入手が難しい生産者となっています。チリ版ジェラールペルス(シャトー・パヴィ、シャトーモンブスケなどの所有者)と言ってもよいでしょう。

葡萄畑:アンデス山脈のふもと、首都サンチャゴから45キロマイポバレーに位置します。この地区は、やや湿気が多く寒い冬と暑く乾燥した夏の、しかし春と秋は穏やかな、典型的な地中海性気候です。北のアタカマ砂漠、南の原生林と南極の氷原、東のアンデス山脈、西の太平洋に囲まれ、それらが病気や害虫を防ぐ自然のバリアとなっています。アンデスから適度な水分補給がなされ、小石が多いため水はけもよくなっています。現在栽培される品種は、カベルネソービニョン・メルロー・コット・カムルネール・シラー・ペティベルドで良質のワインを生む高品質の葡萄を栽培するため、収穫量を抑えています。
ワイナリー: 現代的なその建物は、建築家ホセクルスオバリェの手により、良質のワインを造るための設備を備えたワイナリーとしてのデザインだけではなく、環境と共存し、景観を損なわないように考慮されています。(ベスト オブ ワイン ツーリズム アワード2003)の建築部門で賞を受けています。ワイナリーの内部は、製造工程を分けるため、発酵、熟成、瓶詰めの3区画に、さらに対称形に分けられています。各行程では重力を考慮した方法を用い、葡萄の受け入れからマロラクティック発酵までの総ての工程で完璧な温度管理がなされています。

ワイン造り: 選別し破砕した葡萄を、充分に抽出し醸すため、28度〜30度に温度管理して発酵します。醸造は、ブドウ品種ごとに分けられて行われます。ニューマティックプレスで絞ります。マロラクティック発酵は樽を用い、温度管理をしたセラーで行われてます。ワイン造りの各段階で品質をチェックし、ランク付けをします。ワインのタイプによって、樽やタンク、瓶で熟成させます。

 

 

 

トロフィーエクセレンス受賞

ワインズオブチリ bストアサンレッド賞受賞
(約80ワイナリーから約500本の中で第1位)

ブリュスルワインコンテスト金賞受賞

 キター!ボルドー

ムーラン・ディッサン 1999円

ボルドーマルゴー村の優等生!近年めざましい勢いで品質向上しています!
当店の多くのお客様から大絶賛!更に?絶対品切れしないでね!もし品切れしたら怒っちゃうぞ!
と嬉しいメッセージ?をいただいている赤ワインなのだ メチャクチャ生き生きとしたコクがあり優雅な印象があります。2000円以下とは吃驚です!
かの 有名なシャトーマルゴーの畑のとなりなのだスゲー!かなりおいしいです!
すみません・只今品切れ中

        

                      戻る